女性にとってシミは悩みの種でもあり、シミができることにより、「老けたなぁ」とため息が出てしまうものです。お化粧で誤魔化すことも一苦労ですし、何より自分自身に自信が持てなくなってしまいます。

 

しかし、シミができたからといって、諦めてはいけません。シミを撃退する方法が、美白石鹸とピーリング石鹸を使用した洗顔です。美白石鹸とピーリング石鹸を使用し、正しい洗顔をきちんとするだけで、シミを薄くしたり目立たなくすることができるのです。

 

■美白石鹸が効果的な理由とは?

 

「シミに美白石鹸⁉」と思うかもしれませんが、美白石鹸を使用することにより、シミを目立たなくすることができます。美容に気を遣う女性にとって、誰もが美白を意識しているはずですが、美白美容液としてではなく、洗顔として利用することに意味があります。

 

美白石鹸には、肌のターンオーバーを促す作用があります。シミの原因はメラニンであり、ターンオーバーの際に古い角質が残っていると、肌が上手く再生されず、シミになってしまいます。そこで美白石鹸により、ターンオーバーを促すことで、シミを改善することができます。美白石鹸は植物性の無添加で、プラセンタを多く含む美白石鹸が、非常に効果があると評判です。

 

■ピーリング石鹸とは?

 

ピーリング石鹸というのは、ピーラーと同じ意味で、「削ぎ落とす」という意味です。その名の通り、古い角質を取り除き、肌を活性化させる効果があります。ピーリング石鹸はシミだけでなく、ニキビやシワなど、様々な肌トラブルに使用できます。

 

古い角質は、ターンオーバーにより28日周期で自然と剥がれ落ちるのですが、肌の老化や衰えにより周期が遅れたりすることで、シミになったりします。「シミが増えたな」と感じたら、ターンオーバーの周期が遅れている証拠です。

 

■美白石鹸とピーリング石鹸を合わせて使う

 

「お化粧でシミを隠すのが大変」「早くシミを消したい」と思っている女性は、たくさんいると思います。美白石鹸、ピーリング石鹸、どちらでも効果はありますが、さらに効果を発揮させる方法が、美白石鹸とピーリング石鹸の併用です。

 

まずはピーリング石鹸で古い角質を根こそぎ落とし、次に美白石鹸でターンオーバーを促進します。古い角質がなければないほど、美白石鹸の効果は高まります。それにより、通常よりも早く、気になる部分のシミを消すことができます。

 

■保湿が肝心

 

美白石鹸とピーリング石鹸の併用に加えて、洗顔後に保湿用美容液を塗るのも、シミを改善する方法の1つです。十分な保湿がないのも、シミができる原因になりますから、乾燥肌の人は保湿も心がけてみましょう。

 

シミは女性の大敵であり、小さなシミでも気になってしまいがちです。「まだ若いから大丈夫」というわけではありません。不規則な生活をしてしまいがちな若者は、ターンオーバーも乱れがちになります。肌年齢が若い時から、十分なケアをすることが、将来シミのできにくい肌に繋がります。