皮膚科でのシミ対策、どんな対策をしてくれるのか、今回は内服薬にスポットをあててみていきたいと思います。

 

■シナール

 

美容クリニックで、処方される薬の一つにシオノギ製薬のシナールがあります。シナールの主成分はビタミンCの仲間です。複合ビタミン剤としてドラッグストアなどで、市販薬としても購入ができますが、処方薬と比べると、若干配合量が違います。

 

シナールはシミ、そばかす治療に用いられ、内服すると美白効果があるとして注目されています。シナールの美白効果は口コミでも高評価となっていて、美白効果にとどまらず肌のコンディションを整えてくれるので、肌荒れが改善されたり、肌荒れ予防の効果も得ることができます。

 

■トラネキサム酸

 

トラネキサム酸は、シミに対しての有効な成分として期待されています。シミを薄くする効果とともに、しみを予防する効果もあります。

 

シミに効くといわれる理由としては、トラネキサム酸には、シミの原因となるメラニンの育成を抑える作用があるという点が挙げられます。シミやそばかすなど顔のあらゆるくすみを除去してくれるので顔が明るくなるのです。

 

■L-システイン

 

L-システインは、主にターンオーバーに有効です。L-ステインは、お肌の代謝機能に作用してくれる為、肌荒れなどのトラブルが改善されることにもつながります。また、アミノ酸の一種ですので、ビタミンCを合わせて摂ることで、美白の効果も得ることができます。

 

シミの原因となるメラニンの過剰発生を抑えてくれることから、シミ予防、美白の効果があるといわれています。

 

■ハイドロキシン軟膏

 

ハイドロキノンの美白効果は高く評価されています。その理由は、日焼けした肌の細胞メラノサイトを減少させてくれる働きをもっていることです。

 

ただ、注意が必要なのは、ハイドロキノンの成分は刺激が強く、敏感肌などの体質により、あかみ、かゆみ、かぶれなどの症状が出て、お肌のトラブルを悪化させてしまう恐れがあることです。

 

■トレチノイン軟膏

 

トレチノインとは、ビタミンA誘導体の一種であり、肌につけることで非常に強力なターンオーバーを促すことができ肌を作り直すことができます。トレチノインは、シミに対して、高い効果を得ることができますが、治療中には肌が再生する期間の症状が痛々しく辛いことがあります。

 

クリニックとよく相談して、治療する時期や生活の環境等に合わせて進めるようにしましょう。

皮膚科での治療に行く前の参考にしてください。ただ、皮膚科の内服薬と外用薬を使用しているだけで、シミが消える!というわけではないので、場合によっては、レーザー治療などとと合わせて服用していただくとより効果的です。

 

また、消えるまでの間も日常生活でできる紫外線によるダメージから肌を守ったり、ケアしたり、ということは日々心がけていきましょう。